コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経営統計 けいえいとうけいbusiness statistics

2件 の用語解説(経営統計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経営統計
けいえいとうけい
business statistics

経営に関係のある諸種の統計資料。これらを適切に入手し,効果的に利用することが経営を合理化する有効な方法である。統計資料は海外,国内の景気動向から,業界の生産,出荷,在庫,販売などの状況,自社についての生産,販売,経理,財務,労務などの状況,特別なテーマに基づいた市場調査の結果など多岐にわたるが,有効な入手,整理,分析などが必要であり,コンピュータがこの分野にも広く用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経営統計
けいえいとうけい
business statistics

広義には企業経営に関する統計資料に対する総称であるが、個々の企業の立場から、その経営業績の評価や意思決定に供しうる統計資料をさす場合と、個々の企業の経営指標を業種、業態、規模などの分類基準に従って集計、整理、分析したものをさす場合とがある。また、これらの資料に基づいて、具体的な経営意思決定に役だちうる統計的諸手法、たとえば品質管理在庫管理投資決定需要予測などを研究対象とする経営統計学をさすこともある。
 ある分類基準に従って個々の企業の経営状態に関する統計を集計、整理、分析したものは、個々の企業の経営判断の指標となりうるが、わが国で公表されているものとしては、財務省の『法人企業統計』、日本銀行の『主要企業経営分析』などがある。
 取り扱う内容は、本来、生産、販売、労務、設備、資材、財務など、企業活動の全般にわたるはずのものであるが、生産、販売、労務などの個別の活動に関しては生産統計、販売統計など、それぞれの活動を対象とした統計調査が行われているため、経営統計といえば、財務内容に関した統計と、それに基づいた収益性、成長性、安全性などを示す一連の分析的指標を示すことが多い。[高島 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経営統計の関連情報