コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌメ

デジタル大辞泉の解説

ぬめ【×絖】

生糸を用いて繻子織(しゅすおり)にして精練した絹織物。生地が薄く、滑らかで光沢があり、日本画用の絵絹や造花などに用いられる。天正年間(1573~1592)に中国から京都西陣に伝来。日本でも織られた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬめ【絖】

地が薄く、なめらかで、つやのある絹布の一種。桃山時代に中国から京都西陣に伝来。精練・裏糊うらのりを施し日本画の絹本地、造花材料などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【繻子】より

…反面,組織点の間隔が広くなるほど織物としての堅牢性を欠き,摩擦に弱いという欠点も生じる。経糸5本,緯(よこ)糸5越の組合せ,すなわち綜絖5枚をもって製織するものを最小単位として,それ以上の枚数(7枚,8枚,9枚,10枚,11枚,12枚等)のものを作ることができるが,一般には五枚繻子と八枚繻子の地合いのものが最も多い。また絹糸を精練し,必要に応じて染色した後に繻子織にしたものを本繻子と称し,生糸で織った後に精練,染色,仕上げをしたものを生繻子,あるいは後練(あとねり)繻子という。…

※「絖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

絖の関連キーワード繊維機械工業躄機・居坐機アンデス文明ドビー織りかっぺた織三宅丞四郎ジャカード伊勢比丘尼ドビー織足踏織機桃山時代織物組織からみ織サテン綟り織居座機ドビーヘルド空引機生糸

絖の関連情報