コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総胆管拡張症 そうたんかんかくちょうしょう Choledochus Dilatation

2件 の用語解説(総胆管拡張症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

そうたんかんかくちょうしょう【総胆管拡張症 Choledochus Dilatation】

[どんな病気か]
 胆汁(たんじゅう)の十二指腸(じゅうにしちょう)への通り道となる総胆管(そうたんかん)が、全体的あるいは部分的に袋状またはびん状に拡張する病気です。肝臓(かんぞう)内の胆管(たんかん)に拡張がみられることもあります。
 高率に膵胆管(すいたんかん)の合流異常(コラム膵胆管合流異常とは」)を合併していて、多くの場合、先天的なものと考えられています。東洋人および女性に多く、小児期に発症することが多いのですが、成人になって見つかることも珍しくありません。
[症状]
 腹痛、黄疸(おうだん)と、触れると腫瘤(しゅりゅう)が感じられることが代表的な症状ですが、これらすべての症状がそろっていることは少ないようです。乳児期では灰白色の便が重要な徴候(ちょうこう)となります。幼児期以降では嘔吐(おうと)をくり返すこともあります。合併症としては、肝機能障害(かんきのうしょうがい)、膵炎(すいえん)、胆石症(たんせきしょう)、胆管炎(たんかんえん)、胆道(たんどう)がんなどがあります。
[検査と診断]
 腹部の超音波検査でほとんど診断がつきますが、総胆管拡張症に合併する割合が高い合流異常の有無や形態をよりよく把握するには、胆道の直接造影が必要です。
[治療]
 膵胆管合流異常をともなっている場合は、拡張胆管の切除と、胆管と腸をつなぐ手術が原則です。肝内胆管(かんないたんかん)の拡張をともなう場合は、肝切除(かんせつじょ)が考慮されることがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総胆管拡張症
そうたんかんかくちょうしょう

肝臓から出る肝管と胆嚢(たんのう)から出る胆嚢管が合一して十二指腸乳頭に達するまでの総胆管が、こぶし大または小児頭大に嚢胞性拡張したもので、先天性あるいは特発性総胆管拡張症ともいう。頻度は先天性胆道閉鎖症に比して少ないが、わが国に多いといわれる。男児より女児のほうが多くみられる。
 症状は、黄疸(おうだん)、腹痛、右上腹部腫瘤(しゅりゅう)が三主徴とされるが、乳幼児では腹痛を訴えることは少なく、食欲不振、嘔吐(おうと)、下痢などの消化器症状や灰白色便をみることが多い。この症状は自然に軽快し、また一定期間ののちに再発することも特徴である。したがって反復する腹痛および黄疸をみたときは、この疾患を強く疑うべきである。腹部腫瘤も大小さまざまで、鶏卵大から腹腔(ふくくう)全体を占める大きさになることもあり、多くは軟らかく、圧痛がみられることがある。
 診断は、超音波検査で、肝臓の下方に嚢胞が認められると確定するが、十二指腸造影や胆管シンチグラフィーも有用である。治療としては、診断が確定したら開腹し、嚢胞摘出、胆管‐空腸吻合(ふんごう)を行う。診断がつかないまま放置すると、肝障害が進行したり、感染症を合併する危険が大きい。なお、術後の予後は良好である。[山口規容子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総胆管拡張症の関連キーワード胆汁胆汁酸胆汁色素黒胆汁質胆液炭住胆汁質鈍重何心地

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone