緑石(読み)ミドリイシ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

緑石 (ミドリイシ)

学名:Acropra studeri
動物。ミドリイシ科のサンゴ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みどり‐いし【緑石】

〘名〙 花虫類ミドリイシ科の刺胞動物の総称、またはその一種。ミドリイシ類は、太平洋、インド洋などの暖・熱帯に広く分布し、サンゴ礁をつくる。群体は樹枝状になるか、あるいは短い柄から枝が水平に広がり、芝生のように短い枝を密生する。生時は緑色を呈するものが多いが、これは単細胞藻類の共生によるものである。
※重訂本草綱目啓蒙(1847)六「石蚕 みどりいし 海浜にある蚕に似たる白石なり、寒具(ひぐはし)に松のみどりと云者あり、其形に似たる故に名く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android