緒方宮迫東石仏(読み)おがたみやさこひがしせきぶつ

国指定史跡ガイドの解説


大分県豊後大野市緒方町にある石仏。大野川の支流、緒方川右岸に張り出した丘陵の東側に所在する。鎌倉時代の磨崖仏で、1934年(昭和9)に国の史跡に指定された。丘陵の凝灰岩層に、幅、高さともに7mあまりの岩窟が掘削され、その奥壁に厚肉彫りの諸尊が並んでいる。向かって右から尊名不詳の立像、不動明王立像、如来坐像、持国天立像、毘沙門天立像、金剛力士立像の6体と、岩窟の外側に高さ約1mの双塔形式宝塔2基がある。中尊の如来座像を中心に左右に不動明王と天部2体の立像を配し、さらに外側を左右から金剛力士立像が守護している構図と考えられる。中尊の如来像は丈六仏で、頭部には螺髪(らほつ)を刻まず、衲衣(のうえ)をまとい、左手は膝において与願印を、右手は胸脇で施無畏(せむい)印を結び、結跏趺坐(けっかふざ)する。体勢後方に寄りかかるように造られ、奥行きの深い両脚部の形がこの印象を強めている。約500m離れたところに、同じく国の史跡に指定されている緒方宮迫西石仏がある。JR豊肥本線緒方駅から徒歩約30分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android