コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁を結ぶ エンヲムスブ

デジタル大辞泉の解説

縁(えん)を結・ぶ

夫婦や養子などの縁組みをする。縁を組む。
仏道に入り、往生するつながりをもつ。仏縁を結ぶ。結縁(けちえん)。
「額に阿字を書きて、―・ばしむるわざをなんせられける」〈方丈記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんをむすぶ【縁を結ぶ】

仏法とのつながりをつくる。成仏じようぶつすべき因縁を結ぶ。結縁けちえん
夫婦・養子などの間柄となる。縁組みをする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

縁を結ぶの関連情報