コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁を結ぶ エンヲムスブ

デジタル大辞泉の解説

縁(えん)を結・ぶ

夫婦や養子などの縁組みをする。縁を組む。
仏道に入り、往生するつながりをもつ。仏縁を結ぶ。結縁(けちえん)。
「額に阿字を書きて、―・ばしむるわざをなんせられける」〈方丈記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんをむすぶ【縁を結ぶ】

仏法とのつながりをつくる。成仏じようぶつすべき因縁を結ぶ。結縁けちえん
夫婦・養子などの間柄となる。縁組みをする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

縁を結ぶの関連キーワードミドリフサアンコウ灌頂(仏教用語)鹿島灘はまぐり縁結びの神頭蓋単純写契りを結ぶ出雲の神南極大陸杯を貰う結縁八講妹背結び三宝絵詞聊斎志異迎え角儲ける草結び結縁経蓮の糸神集め金剛寺

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縁を結ぶの関連情報