コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結縁 ケチエン

デジタル大辞泉の解説

けち‐えん【結縁】

仏語。
㋐仏・菩薩(ぼさつ)が世の人を救うために手をさしのべて縁を結ぶこと。けつえん。
㋑世の人が仏法と縁を結ぶこと。仏法に触れることによって未来の成仏・得道の可能性を得ること。けつえん。
関係ができること。特に親類になること。けつえん。
「御両家の―の為にこそ御加勢もいたしつれ」〈蘆花不如帰

けつ‐えん【結縁】

けちえん(結縁)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けちえん【結縁】

仏法と縁を結ぶこと。(1)仏・菩薩が衆生救済のために衆生と縁を結ぶこと,(2)衆生が仏道修行のために仏法僧の三宝と縁を結ぶことをいう。結縁は,ただちに修行に入り悟りを得ることに直結しなくとも,これが縁となって将来の成仏(じようぶつ)につながる因縁として重要視された。密教ではその教えに接する者を結縁機といい,諸尊のなかから自分の守本尊を選びとる灌頂(かんぢよう)を結縁灌頂という。また結縁のために経文を書写することを結縁経といい,これを供養する法会を結縁経供養という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けちえん【結縁】

〘仏〙
今すぐ仏道に入って悟りを開くことができなくても、いつか仏道に入るために、仏教と縁を結ぶこと。仏・菩薩が衆生しゆじようを救うために行う場合と、人間の方から縁を結ぶ場合とがある。けつえん。
関係をもつこと。縁者となること。けつえん。
「結縁灌頂」の略。

けつえん【結縁】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

結縁の関連キーワード千葉県印西市結縁寺杵屋弥十郎(3代)発心和歌集ほおずき市灌頂・潅頂神谷 大周揚羽蝶紋胎内文書九度山町神谷大周物部為里久能寺経結縁八講引き引き造像記一品経供花会不断経大樹寺灌頂記

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

結縁の関連情報