コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結縁 ケチエン

5件 の用語解説(結縁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けち‐えん【結縁】

仏語。
㋐仏・菩薩(ぼさつ)が世の人を救うために手をさしのべて縁を結ぶこと。けつえん。
㋑世の人が仏法と縁を結ぶこと。仏法に触れることによって未来の成仏・得道の可能性を得ること。けつえん。
関係ができること。特に親類になること。けつえん。
「御両家の―の為にこそ御加勢もいたしつれ」〈蘆花不如帰

けつ‐えん【結縁】

けちえん(結縁)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けちえん【結縁】

仏法と縁を結ぶこと。(1)仏・菩薩が衆生救済のために衆生と縁を結ぶこと,(2)衆生が仏道修行のために仏法僧の三宝と縁を結ぶことをいう。結縁は,ただちに修行に入り悟りを得ることに直結しなくとも,これが縁となって将来の成仏(じようぶつ)につながる因縁として重要視された。密教ではその教えに接する者を結縁機といい,諸尊のなかから自分の守本尊を選びとる灌頂(かんぢよう)を結縁灌頂という。また結縁のために経文を書写することを結縁経といい,これを供養する法会を結縁経供養という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けちえん【結縁】

〘仏〙
今すぐ仏道に入って悟りを開くことができなくても、いつか仏道に入るために、仏教と縁を結ぶこと。仏・菩薩が衆生しゆじようを救うために行う場合と、人間の方から縁を結ぶ場合とがある。けつえん。
関係をもつこと。縁者となること。けつえん。
「結縁灌頂」の略。

けつえん【結縁】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結縁の関連キーワード施無畏来迎縁を結ぶ結盟化菩薩二仏中間無仏世界利生利生方便縁組

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

結縁の関連情報