コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縮砂 シュクシャ

デジタル大辞泉の解説

しゅく‐しゃ【縮砂】

ショウガ科の多年草。高さ1~2メートル。葉は披針(ひしん)形で大きく、互生する。純白で強い芳香をもつ花を穂状につける。種子塊を漢方で健胃薬などに用いる。東南アジア分布

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しゅくしゃ【縮砂】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ショウガ科シュクシャの種子を乾燥したもの。健胃整腸などの作用がある。神経性胃炎慢性胃炎胃潰瘍(かいよう)に効く安中散(あんちゅうさん)、食欲不振、慢性下痢、病後の体力回復に効く参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)などに含まれる。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅくしゃ【縮砂】

ショウガ科の多年草。南アジア原産。高さ約2メートル。芳香のある白花をつける。日本には江戸末期渡来し、観賞用に栽培される。種子塊は芳香性健胃薬とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

縮砂 (シュクシャ)

学名:Hedychium coronarium
植物。ショウガ科の園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

縮砂の関連キーワードジンジャー(ショウガ科の球根草)ハナミョウガジンジャーカルダモン香辛料和中散花茗荷砂仁白花

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android