コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縮砂 シュクシャ

デジタル大辞泉の解説

しゅく‐しゃ【縮砂】

ショウガ科の多年草。高さ1~2メートル。葉は披針(ひしん)形で大きく、互生する。純白で強い芳香をもつ花を穂状につける。種子塊を漢方で健胃薬などに用いる。東南アジア分布

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しゅくしゃ【縮砂】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ショウガ科シュクシャの種子を乾燥したもの。健胃整腸などの作用がある。神経性胃炎慢性胃炎胃潰瘍(かいよう)に効く安中散(あんちゅうさん)、食欲不振、慢性下痢、病後の体力回復に効く参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅくしゃ【縮砂】

ショウガ科の多年草。南アジア原産。高さ約2メートル。芳香のある白花をつける。日本には江戸末期渡来し、観賞用に栽培される。種子塊は芳香性健胃薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

縮砂 (シュクシャ)

学名:Hedychium coronarium
植物。ショウガ科の園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

縮砂の関連キーワードジンジャー(ショウガ科の球根草)ハナミョウガカルダモンジンジャー花茗荷和中散香辛料砂仁白花

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android