コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美しき水車小屋の娘 ウツクシキスイシャゴヤノムスメ

4件 の用語解説(美しき水車小屋の娘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うつくしきすいしゃごやのむすめ【美しき水車小屋の娘】

《原題、〈ドイツDie schöne Müllerinシューベルト連作歌曲集。全20曲。1823年の作。W=ミュラーの詩に基づくもので、水車小屋の娘に失恋して小川に身を投げた若者の悲恋を歌う。本作と「冬の旅」「白鳥の歌」はシューベルト三大歌曲集とよばれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

美しき水車小屋の娘【うつくしきすいしゃごやのむすめ】

シューベルトの歌曲集。1823年,ドイツの詩人W.ミュラー〔1794-1827〕の連作詩(1821年出版)に作曲されたもので全20曲。青年の恋と失恋を歌う。《冬の旅》と並ぶシューベルト歌曲の最高峰

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

美しき水車小屋の娘

オーストリアの作曲家フランツ・シューベルトの連作歌曲D795(1823)。原題《Die schöne Müllerin》。全20曲。『冬の旅』、『白鳥の歌』とともにシューベルト三大歌曲集の一つとして知られる。ドイツ・ロマン派の叙情詩人ヴィルヘルム・ミュラーの詩に基づく。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うつくしきすいしゃごやのむすめ【美しき水車小屋の娘 Die shöne Müllerin】

シューベルトの連作歌曲集(作品25)。1823年5月に作曲が開始され,初版の5分冊の楽譜は,24年3月から8月にかけて出版された。全体はW.ミュラーの詩による20曲からなる。遍歴する水車屋の職人が美しい娘に恋をし,娘の心がわりのため小川に身を投じてしまう。《冬の旅》にくらべて〈有節歌曲〉が多く,オーストリアの民謡的な雰囲気が支配的である。〈小川〉の象徴として16分音符のモティーフが用いられてしばしば出現し,また水車の動きやリュートの音など描写音楽の手法も効果的に用いられ,同一の調性と拍子を用いて各曲間の統一もはかられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

美しき水車小屋の娘の関連キーワードルカーチ天地創造美しき水車小屋の娘天地創造アンリ四世船崎良吉村界人藤原季節神木隆之介ダイ・ハード2

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美しき水車小屋の娘の関連情報