美星[町](読み)びせい

世界大百科事典 第2版の解説

びせい【美星[町]】

岡山県南西部,小田郡の町。人口6077(1995)。吉備高原南端に位置する。古くから開かれた地で,県南唯一の弥生後期竪穴住居群があり,中世豪族の屋敷跡や山城跡が残る。西端の八日市では中世から三斎市が開かれていた。農業が基幹産業で畑地改良,大規模な養豚団地の造成などが行われ,養豚を主とした畜産,米作,タバコ栽培などの複合農業が営まれている。南端の矢掛町境にある鬼ヶ岳は名勝に指定された観光地で,北側に鬼ヶ岳温泉(単純泉,22~23℃)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android