コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸送園芸 ゆそうえんげいtruck farming

翻訳|truck farming

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸送園芸
ゆそうえんげい
truck farming

市場から遠い位置にあって,気候や土壌などの自然条件の有利性を利用して,近郊物の出荷期と時期をずらして市場に供給する野菜類を生産する農業。交通機関による大規模な輸送が行われるのでこの名称がある。距離的な不利を促成栽培抑制栽培などによって補い,経営は専門化傾向が強く,集約的で,資本,労働力の投下も大規模。早期出荷型のものは温暖気候を利用し,日本では伊豆,房総,高知,宮崎などできゅうり,なす,いちご,トマトなどの栽培が行われ,夏期出荷型のものは東北,北海道,長野などの寒高冷地で,温暖地で生産のむずかしいきゅうり,キャベツ,白菜などの栽培が行われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆそうえんげい【輸送園芸】

野菜,果実,花卉(かき),観葉植物などを集約的な管理で栽培することを園芸というが,園芸農業は一般に,その生産物が鮮度が尊ばれる品目であることや,需要が都市に多いことなどから,最初は都市近郊で発達をみている。その典型は,ガラス温室やプラスチック・ハウスの中でメロン,ブドウ,バラ,カーネーションなどが高度の技術と集約的な管理で栽培される〈高等園芸〉であるが,このような園芸農業が交通輸送機関の発達により大都市消費市場から遠く離れた遠郊で発展し,輸送によって消費市場に出荷されているような園芸農業が輸送園芸である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

輸送園芸の関連キーワードピレネーゾリアンタル県八千代(町)宮崎(県)野菜園芸近郊園芸美星哲多笠利波野牛窓

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android