井原市(読み)いばら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井原〔市〕
いばら

岡山県南西部,高梁川の支流小田川流域から吉備高原南端に広がる市。広島県に接する。 1953年井原町,高屋町,西江原町の3町と青野村,木之子村,県主村,荏原村,山野上村,稲倉村,大江村の7村が合体して市制。 2005年美星町,芳井町を編入。中心市街地の井原は近世には旧山陽道の宿場町ならびに吉備高原の谷口集落として発展。当時はワタ (綿) ,アイ (藍) が栽培され,参勤交代の大名のみやげ品になった。江戸時代からの伝統をもつ備中小倉織 (→小倉織 ) の産地。中小の織物工場が多く,デニムの生産地として知られる。近年は合成繊維が主力で,自動車の部品工場もある。 1965年備後工業整備特別地域に指定。北部の芳井では石灰石が採掘される。農村部ではタバコ,ブドウ,マツタケなどを産する。井原温泉,鬼ヶ岳温泉といった温泉地,天神峡,鬼ヶ岳 (国指定名勝) といった景勝地,国の重要文化財である不動明王坐像,地蔵菩薩立像などを所蔵する高山寺などの古寺がある。また平櫛田中の作品を所蔵する田中美術館がある。国道 313号線,486号線が通じる。面積 243.54km2。人口 4万1390(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井原市の関連情報