コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽化登仙 ウカトウセン

デジタル大辞泉の解説

うか‐とうせん〔ウクワ‐〕【羽化登仙】

蘇軾「前赤壁賦」から》中国古代の信仰で、からだに羽が生え仙人となって天へのぼること。また、酒に酔ってよい気持ちになったときのたとえにいう。羽化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うかとうせん【羽化登仙】

〔蘇軾そしよくの「前赤壁賦」などにみえる語〕
中国古来の神仙思想などで、人間に羽が生えて仙人になり天に昇ること。また、酒に酔ってよい気分になることのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽化登仙
うかとうせん

人間の身体に羽が生えて、天上の仙人世界へ登っていくこと。羽をもって空中を飛行することは、古来、中国人の一つの理想であり、仙人となって、世俗のいっさいの煩わしさを逃れるのも、これまたその理想の一つであった。宋(そう)の詩人蘇軾(そしょく)の『前赤壁の賦(せきへきのふ)』に「瓢瓢乎(ひょうひょうこ)として世を遺(わす)れて独立し、羽化して登仙するが如(ごと)し」とあり、この世の憂さを忘れてなんとも楽しい気持ちになっている状態や、転じて、酒に酔って陶然としているさまを例えることばとなっている。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の羽化登仙の言及

【鳥】より

…しかし,大きな翼をはばたかせる形式の飛行術は現実には成功せず,結局飛行の夢が果たされるのはグライダーやプロペラ推進などの考案によってであった。なお,中国の神仙道には〈羽化登仙(うかとうせん)〉の思想があり,仙人は鳥のように飛べると信じられた。J.バルトルシャイティスの《幻想の中世》(1955)によれば,キリスト教における飛びまわる悪魔像は,これら中国の仙人や翼を持つ魔物に影響されて13世紀ころに成立したという。…

※「羽化登仙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

羽化登仙の関連キーワードぶらんこ神仙思想赤壁の賦登仙仙術

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android