コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翼状片 よくじょうへんpterygium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翼状片
よくじょうへん
pterygium

角膜の鼻側瞼裂部に結膜三角形に進入しているもの。屋外で働く者に多い。徐々に進行し,瞳孔領に達すると視力障害を起す。治療は,瞳孔領に達する前に切除手術を行う。術後に再発しやすいので,β線の照射またはマイトマイシン液の点眼を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よくじょう‐へん〔ヨクジヤウ‐〕【翼状片】

結膜の下にある組織が増殖して、角膜の上へ入り込む眼の病気。目頭側から半透明の膜が三角形状に伸びて、黒目の一部を覆うようになる。角膜の中央まで達すると視力が低下するため、手術で切除する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家庭医学館の解説

よくじょうへん【翼状片 Pterygium】

[どんな病気か]
 鼻側の結膜(けつまく)(白目(しろめ))から角膜(かくまく)(黒目(くろめ))に向かって、三角形の白色の組織がしだいにのびてくる病気です。
 外見上だけで無症状のことが多いのですが、白色組織が充血して赤くなったり、異物感が生じることもあります。進行して角膜の中央にまでのびてくると、瞳孔(どうこう)にかかり、ものが見えにくくなります。
 紫外線やほこりなど、目に刺激を受けやすい環境にいる人におこりやすく、戸外での労働に従事する人に多くみられます。
[治療]
 充血や異物感は、消炎剤ステロイド副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬)の点眼で治療します。進行したものでは、瞳孔にかかる前に、早めに手術的に白色の組織を切除します。しかし、再発しやすい疾患です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

知恵蔵miniの解説

翼状片

結膜の慢性炎症性腫瘍のこと。通常、目頭の方から黒目に向かい、血管を共なった三角形状の増殖組織(半透明の膜)が伸びてくるもの。良性の腫瘍であり、紫外線を多く浴びる人や高齢者などに多い。翼状片の部分は常に充血して見え、異物感がある。見た目や異物感が気にならないのであれば、点眼などで進行を抑える治療などを行う。しかし、増殖組織が大きくなると乱視を引き起こすことがあり、さらに進行して黒目を塞ぐまで伸びると全く見えなくなるため、手術が必要となる。再発率は高めで一説には50%ともいわれ、組織が大きい場合や若い人ほど再発する可能性が高い。再発を防ぐ手術方法を正しく行えば、高い確率で治癒する。目の外傷などからの回復過程で翼状片に似た病状が現れた場合、これを偽翼状片(ぎよくじょうへん)と呼ぶ。治療は翼状片と同様に行われる。

(2014-10-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

世界大百科事典内の翼状片の言及

【結膜】より

…これらのほかに,結膜炎の代表的なものとして,かつてはトラコーマがあったが,日本では激減している。(3)その他の病気 外的刺激によっておこる結膜疾患として翼状片pterygiumがある。おもに鼻側,ときに耳側からも結膜が角膜上にまで増殖するもので,海浜の住民や戸外での業務に従事する人などに多いことから,風にさらされるなどの外的要因が原因と推定される。…

※「翼状片」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

翼状片の関連キーワード放射線療法瞼裂斑

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android