コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老妻物語 ろうさいものがたりThe Old Wives' Tale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老妻物語
ろうさいものがたり
The Old Wives' Tale

イギリスの小説家 A.ベネットの小説。 1908年刊。イギリスの田舎町の洋服屋の娘コンスタンスとソファイアの生涯の物語。姉コンスタンスはそのまま生家に定着し,番頭と結婚,家業を守りながら1児をもうけ,平凡な安定した生活をおくる。妹ソファイアは行商人と駆落ちして,フランスで捨てられるが,普仏戦争中のパリで下宿屋を営んで成功,一流ホテルの女主人となるという波乱のあと,故郷に帰り,姉と一緒に晩年をおくって,ともども静かな死を迎える。フランス自然主義文学の影響が著しくみられる,ベネットの代表作。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろうさいものがたり〔ラウサイものがたり〕【老妻物語】

《原題The Old Wives' Taleベネットの長編小説。1908年刊。服地屋の姉妹の対照的な人生を自然主義的手法で描く。別邦題「二人の女の物語」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

老妻物語
ろうさいものがたり
The Old Wives' Tale

イギリスの女流作家アーノルド・ベネットの小説。1908年刊。モーパッサンに対抗してイギリス版「女の一生」を書こうとして、イギリス北部の工業都市で呉服商を営む堅実な中産階級の家庭に生まれ育った2人娘の人生の移り変わりを、故郷の町の衰退を背景に描く。姉のコンスタンスは店の番頭と結婚して家業を継ぐが、夫に死なれ、息子に去られて、店を人手に渡すことになる。妹のソファイアは外交員と駆け落ちし、パリに出奔するが捨てられる。そこで下宿屋を開き、商店の娘の才覚で成功するが、体の衰えに勝てず故郷に戻る。生気に満ちた娘が人生の徒労のすえ、むなしく老いて死んでいくさまを描いて、作者の傑作とされている。[安達美代子]
『小山東一訳『老妻物語』上中下(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

老妻物語の関連キーワードベネット(Enoch Arnold Bennett)ピール

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android