コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖アレクシ伝 せいアレクシでんVie de Saint Alexis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖アレクシ伝
せいアレクシでん
Vie de Saint Alexis

フランス語の最古の聖者伝の一つ。 1040年頃の作。フランス文学で最初の芸術性のある作品。 10音綴5行詩 125節の形式で,作者はルーアンの教会参事会員チボー・ド・ベルノンとされているが,確かではない。4世紀ローマの苦行者アレクシウスの伝記で,長い遍歴ののちの神への志向と献身の生涯と,その事情を知った家人の嘆き,悲しみとを簡潔に,劇的な緊張感をもって描いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいアレクシでん【聖アレクシ伝 La Vie de Saint Alexis】

フランス中世の韻文聖人伝。作者不詳。《ローランの歌》以前に成立した初期文学作品の一つとしてフランス語史・フランス文学史上重要な価値を有する。10音綴詩句5行で1詩節を構成,125節625行の小品。脚韻ではなく半諧音を用い,形式的には武勲詩との共通点が多い。4世紀ローマの貴族の一人息子アレクシは世を逃れて神に仕えるために婚礼の夜に新妻と両親とを捨てエデッサ(現,ウルファ)に渡るが,その後再びローマに戻り,知られることなく自分の館の階段下で敬虔な生涯を送る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

聖アレクシ伝の関連キーワードパリス

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android