コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖諭広訓 せいゆこうくんSheng-yu guang-xun; Shêng-yü kuang-hsün

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖諭広訓
せいゆこうくん
Sheng-yu guang-xun; Shêng-yü kuang-hsün

中国,清の雍正帝が民衆教化のため頒布した教訓。字数1万に及んだので万言諭ともいう。康煕帝が作成した聖諭 16条を雍正2 (1724) 年逐条的に解釈したもので,内容は民衆が郷にあって守るべき道徳,義務を中心にしたものであり,各自の分を明らかにし,その遵守によって支配の実をあげようとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいゆこうくん【聖諭広訓 Shèng yù guǎng xùn】

中国,清朝の康熙帝の聖諭16条を雍正帝が敷衍した一種の教育勅語。父母に対する孝養,近隣との和睦,異端思想の排除など,支配者が人民に要求する儒教的な実践倫理をわかりやすく説いている。この宣伝と普及のために,地域ごとに講約が設けられ,毎月1日と15日に講義が行われた。また学生の試験の際にも,これの暗記筆写が義務づけられて,清朝の思想支配強化のうえで一定の役割を果たした。【小野 和子

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の聖諭広訓の言及

【郷約】より

…王守仁(陽明)が江西の南部で保甲法とともに施行した〈南贛(なんかん)郷約〉はとくに有名であるが,さらに明末になると呂氏の綱領に代わり,太祖の教育勅語ともいうべき〈六諭(りくゆ)〉の講解が中心となった。清初には明代の郷約がうけつがれたが,康熙帝は新たに〈聖諭16条〉を頒布し,雍正帝はこれに注釈を加えて〈聖諭広訓〉を頒布した。【谷 光隆】
[朝鮮]
 朝鮮の郷約hyang yakは李朝の中宗12年(1517),ハングルで書かれた《諺解呂氏郷約》を金安国が刊行したのに始まる。…

※「聖諭広訓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android