能勢町(読み)のせ

  • 能勢〔町〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大阪府北西端,北摂山地の中にある町。古くは野瀬とも書いた。1956年西能勢村,歌垣村 ,田尻村の 3村が合体して町制。1959年東郷村を編入。町域の大部分は老ノ坂山地(西山)に属する標高 500~700mの準平原で,平地猪名川支流の能勢川上流域の山間盆地にかぎられ,米作のほか寒天製造,クリの特産で知られる。南境をなす妙見山には能勢妙見堂がある。高嶽山今養寺,剣尾山月峯寺などの名刹や,平安・鎌倉期の貴重な仏像などが多数存在する。野間の大ケヤキは国の天然記念物に指定。町域の一部は北摂府立自然公園に属する。国道173号線,477号線が通る。面積 98.75km2。人口 1万256(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

能勢町の関連情報