コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辺り アタリ

4件 の用語解説(辺りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あたり【辺り】

ある地点の周囲。ある範囲の場所。付近。周り。「辺りに気を配る」「この辺りは静かな住宅地だ」「辺りかまわず泣きだす」「辺り一面が火の海だ」
場所・時・人・事柄・数量などをはっきり示さずに、婉曲に言い表す語。多く、名詞の下に付いて接尾語的に用いる。
㋐そのへん。一帯。近所。「六本木辺りで遊ぶ」
㋑そのころ。その時分。「あした辺り行ってみよう」
㋒たとえば…など。「部長にかみつく辺り、けっこう気が強い」「山田君辺りに代わってもらおう」
㋓その程度。「県代表辺りまでなれるだろう」「千円辺りの品物」

わたり【辺り】

その付近。その辺一帯。近所。あたり。
「ステッチン―の農家に」〈鴎外舞姫
人や人々を漠然と指していう。
「故づきて聞こゆる―はいとらうたげならむ人の」〈末摘花
ある人のもとを婉曲に指していう。
「かかる―には急ぐ物なりければ、居しづまりなどしたるに」〈・手習〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あたり【辺り】

〔「当たり」と同源か〕
ある物や場所・時間などを基準として、それに近い範囲。接尾語的にも用いる。
付近。近所。近く。一帯。周囲。 「この-は静かだ」 「本郷-に下宿する」 「 -を見まわす」 「 -近所」
時間・程度などの大体を示す。ころ。時分。ぐらい。 「来週-、もう一度会おう」 「彼-が適任だよ」 「この-で妥協しよう」
婉曲えんきよくに人や家をさす語。 「母女御もいと重く心にくく物し給ふ-にて/源氏 匂宮
[句項目]

わたり【辺り】

ある場所とその付近。その一帯を漠然とさしていう。あたり。近所。辺。 「六条-の御忍びありきの頃/源氏 夕顔
人、あるいは人々のことを漠然とさしていう。 「かの-は、かくいともむもれたる身に引きこめて/源氏 橋姫
ある人のところを婉曲にさしていう。 「この見給ふる-より、情なくうたてあることをなむ/源氏 帚木

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

辺りの関連キーワード以内外周射界所管地点襟回り付近バンドパスフィルター音響フィルター四肢周囲測定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

辺りの関連情報