コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辺り アタリ

デジタル大辞泉の解説

あたり【辺り】

ある地点の周囲。ある範囲の場所。付近。周り。「辺りに気を配る」「この辺りは静かな住宅地だ」「辺りかまわず泣きだす」「辺り一面が火の海だ」
場所・時・人・事柄・数量などをはっきり示さずに、婉曲に言い表す語。多く、名詞の下に付いて接尾語的に用いる。
㋐そのへん。一帯。近所。「六本木辺りで遊ぶ」
㋑そのころ。その時分。「あした辺り行ってみよう」
㋒たとえば…など。「部長にかみつく辺り、けっこう気が強い」「山田君辺りに代わってもらおう」
㋓その程度。「県代表辺りまでなれるだろう」「千円辺りの品物」

わたり【辺り】

その付近。その辺一帯。近所。あたり。
「ステッチン―の農家に」〈鴎外舞姫
人や人々を漠然と指していう。
「故づきて聞こゆる―はいとらうたげならむ人の」〈・末摘花〉
ある人のもとを婉曲に指していう。
「かかる―には急ぐ物なりければ、居しづまりなどしたるに」〈・手習〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あたり【辺り】

〔「当たり」と同源か〕
ある物や場所・時間などを基準として、それに近い範囲。接尾語的にも用いる。
付近。近所。近く。一帯。周囲。 「この-は静かだ」 「本郷-に下宿する」 「 -を見まわす」 「 -近所」
時間・程度などの大体を示す。ころ。時分。ぐらい。 「来週-、もう一度会おう」 「彼-が適任だよ」 「この-で妥協しよう」
婉曲えんきよくに人や家をさす語。 「母女御もいと重く心にくく物し給ふ-にて/源氏 匂宮
[句項目]

わたり【辺り】

ある場所とその付近。その一帯を漠然とさしていう。あたり。近所。辺。 「六条-の御忍びありきの頃/源氏 夕顔
人、あるいは人々のことを漠然とさしていう。 「かの-は、かくいともむもれたる身に引きこめて/源氏 橋姫
ある人のところを婉曲にさしていう。 「この見給ふる-より、情なくうたてあることをなむ/源氏 帚木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

辺りの関連キーワードin corner威風辺りを払うチェストパスチュニック辺り構わず大手を振る尻切れ半纏腰切り半纏畏まり胼胝其処ら辺り御端折り言問団子片肌脱ぎ辺り近所根室海峡深草土器葛西海苔尼削ぎ居回りバング

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辺りの関連情報