コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三田村鳶魚 みたむらえんぎょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三田村鳶魚
みたむらえんぎょ

[生]明治3(1870).3.17. 東京
[没]1952.5.14. 山梨
随筆家,考証家。本名,玄龍。八王子の織物屋三田村善平の次男。民権運動,新聞記者などを経て,『風俗画報』に『甲斐方言考』を執筆 (1905) ,それを機に『日本及日本人』の創刊 (07) 以後,同誌に江戸時代の風俗,史実,文学などに関する記事を発表,いわゆる町の学者的存在で知られた。『元禄快挙別録』 (10) ,『芝居と史実』 (11) など江戸研究の著作は没後『三田村鳶魚・江戸ばなし』 (20冊,56~59) として刊行され,のち『三田村鳶魚全集』 (全 27巻,別巻1) にまとめられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みたむら‐えんぎょ【三田村鳶魚】

[1870~1952]随筆家・考証家。東京の生まれ。本名、玄竜。新聞記者などを経て、江戸の文学・演劇・風俗などの研究に専心。著「鳶魚随筆」「江戸百話」「江戸年中行事」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三田村鳶魚【みたむらえんぎょ】

江戸文化・風俗研究家。本名は玄竜。東京八王子に生まれ,青年時代は三多摩の壮士として政治運動にかかわっていたという。のち新聞記者となり,得度受戒したが,やがて江戸研究に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三田村鳶魚 みたむら-えんぎょ

1870-1952 明治-昭和時代の江戸風俗研究家。
明治3年3月15日生まれ。新聞記者をへて明治40年政教社にはいり,「日本及日本人」などに江戸文化の史実考証を多数発表した。昭和13年「江戸読本」を創刊。昭和27年5月14日死去。82歳。武蔵(むさし)八王子(東京都)出身。本名は玄竜。著作に「伊賀の水月」「江戸ッ子」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みたむらえんぎょ【三田村鳶魚】

1870‐1952(明治3‐昭和27)
江戸研究家。東京八王子に,三田村善平の次男として生まれた。本名玄竜。20歳ごろまでは三多摩の壮士として活動したという。1894年《中外商業新聞》の記者として日清戦争に従軍したが,病を得て帰国,寛永寺の大照円朗を知り,戦後,得度受戒した。30歳のときより執筆を始め《読売新聞》に掲載されたが,1903年甲府で《山梨日日新聞》などの記者となってより〈甲斐方言考〉を《風俗画報》に連載し,水戸,名古屋へと移るに従って,近世研究に入っていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みたむらえんぎょ【三田村鳶魚】

1870~1952) 考証家・随筆家。東京八王子生まれ。本名、玄竜。江戸の風俗・演劇・文学を研究。著「御殿女中」「江戸ッ子」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三田村鳶魚
みたむらえんぎょ
(1870―1952)

江戸時代研究者。東京・八王子の生まれ。本名玄龍(げんりゅう)。江戸の政治、風俗、文学、文化のすべてにわたって研究し、膨大な業績を残した。『江戸の珍物』(1913)、『伊賀の水月』(1918)、『江戸ッ子』(1933)、『捕物の話』(1934)など在野の研究者として、その著作は多く読み物の形をとっており、その点学問研究としてもの足らない点もあるが、今日の江戸学研究の基礎を築いたものとして認められる。[神保五彌]
『『三田村鳶魚全集』全27巻・別巻1(1975~83・中央公論社) ▽『三田村鳶魚・江戸ばなし』全10巻(1965~66・青蛙房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三田村鳶魚の関連キーワード製糸業日本科学史奈破崙開拓使コッペリア文化闘争嘉納治兵衛(5代)グロ長谷川宗右衛門ベッテルハイム

三田村鳶魚の関連情報