コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三田村鳶魚 みたむらえんぎょ

7件 の用語解説(三田村鳶魚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三田村鳶魚
みたむらえんぎょ

[生]明治3(1870).3.17. 東京
[没]1952.5.14. 山梨
随筆家,考証家。本名,玄龍。八王子の織物屋三田村善平の次男。民権運動新聞記者などを経て,『風俗画報』に『甲斐方言考』を執筆 (1905) ,それを機に『日本及日本人』の創刊 (07) 以後,同誌に江戸時代の風俗,史実,文学などに関する記事を発表,いわゆる町の学者的存在で知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みたむら‐えんぎょ【三田村鳶魚】

[1870~1952]随筆家・考証家。東京の生まれ。本名、玄竜。新聞記者などを経て、江戸の文学・演劇・風俗などの研究に専心。著「鳶魚随筆」「江戸百話」「江戸年中行事」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三田村鳶魚【みたむらえんぎょ】

江戸文化・風俗研究家。本名は玄竜。東京八王子に生まれ,青年時代は三多摩の壮士として政治運動にかかわっていたという。のち新聞記者となり,得度受戒したが,やがて江戸研究に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三田村鳶魚 みたむら-えんぎょ

1870-1952 明治-昭和時代の江戸風俗研究家。
明治3年3月15日生まれ。新聞記者をへて明治40年政教社にはいり,「日本及日本人」などに江戸文化の史実考証を多数発表した。昭和13年「江戸読本」を創刊。昭和27年5月14日死去。82歳。武蔵(むさし)八王子(東京都)出身。本名は玄竜。著作に「伊賀の水月」「江戸ッ子」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

みたむらえんぎょ【三田村鳶魚】

1870‐1952(明治3‐昭和27)
江戸研究家。東京八王子に,三田村善平の次男として生まれた。本名玄竜。20歳ごろまでは三多摩の壮士として活動したという。1894年《中外商業新聞》の記者として日清戦争に従軍したが,病を得て帰国,寛永寺の大照円朗を知り,戦後,得度受戒した。30歳のときより執筆を始め《読売新聞》に掲載されたが,1903年甲府で《山梨日日新聞》などの記者となってより〈甲斐方言考〉を《風俗画報》に連載し,水戸,名古屋へと移るに従って,近世研究に入っていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みたむらえんぎょ【三田村鳶魚】

1870~1952) 考証家・随筆家。東京八王子生まれ。本名、玄竜。江戸の風俗・演劇・文学を研究。著「御殿女中」「江戸ッ子」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三田村鳶魚
みたむらえんぎょ
(1870―1952)

江戸時代研究者。東京・八王子の生まれ。本名玄龍(げんりゅう)。江戸の政治、風俗、文学、文化のすべてにわたって研究し、膨大な業績を残した。『江戸の珍物』(1913)、『伊賀の水月』(1918)、『江戸ッ子』(1933)、『捕物の話』(1934)など在野の研究者として、その著作は多く読み物の形をとっており、その点学問研究としてもの足らない点もあるが、今日の江戸学研究の基礎を築いたものとして認められる。[神保五彌]
『『三田村鳶魚全集』全27巻・別巻1(1975~83・中央公論社) ▽『三田村鳶魚・江戸ばなし』全10巻(1965~66・青蛙房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三田村鳶魚の関連キーワード八王子織八王子千人組CELEO八王子そごう八王子店東京都八王子市上野町東京都八王子市追分町東京都八王子市大横町東京都八王子市滝山町東京都八王子市元八王子町東京都八王子市鑓水

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三田村鳶魚の関連情報