腰掛茶屋(読み)こしかけぢゃや

精選版 日本国語大辞典「腰掛茶屋」の解説

こしかけ‐ぢゃや【腰掛茶屋】

〘名〙
① 路傍、社寺の境内などに葭簀(よしず)張りの小屋がけした粗末な茶屋。縁台と腰掛を置いて、通行人を休ませ、湯茶を供する。掛茶屋
※浮世草子・好色盛衰記(1688)五「腰掛茶(コシカケチャ)屋の口鼻(かか)が、はじめよりの事とも聞耳立て」
② 江戸時代、奉行所の腰掛②で、茶屋を営んだもの。裁判のため、腰掛で待つ訴訟人などに、湯茶、敷物、草履、筆紙などを売ることを認められ、その代わり奉行所や腰掛の掃除をし、また、雑用をも引き受けた。〔随筆・親子草(1797頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「腰掛茶屋」の解説

こしかけぢゃや【腰掛茶屋】

江戸時代,評定所町奉行所,勘定奉行所などに出廷する庶民の控所である〈腰掛(腰懸)〉において営まれた茶屋。訴訟当事者や差添(さしぞえ)の町村役人,公事宿くじやど)などは奉行所に出頭したを届けると,門前に設けられた腰掛(南町奉行所のものは94坪(約310m2)の広さがあった)で白洲(しらす)(法廷)への呼込みを待ったが,その間,必要な書面をしたため,内済(ないさい)(和解)の交渉をすることもあり,ここで食事をとることも許されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android