コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内済 ないさい

5件 の用語解説(内済の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内済
ないさい

江戸時代における裁判上の和解。幕府は訴訟がなるべく内済で終ることを望み,ことに金銀出入り (無担保利子付きの金銀貸借およびこれに準じる起債権の訴訟,これを金公事〈かねくじ〉という) では奨励しており,この場合訴訟人 (原告) が訴状に奉行所から相手方 (被告) に出頭を命じる旨の裏書を得て,これを相手方の村の名主のもとに持参すると,名主,五人組は両当事者を立会わせて内済を勧告した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ない‐さい【内済】

表沙汰にしないで内々で事をすませること。
「もし青山の親戚一同にこの事を―にする意向があるなら」〈藤村夜明け前

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ないさい【内済】

もめごとなどを表沙汰にしないで解決すること。とくに江戸時代,和解することをいう。広義には裁判外の示談も内済というが,裁判上の内済は,奉行所の承認手続(済口聞届(すみくちききとどけ))を経ることによって判決(裁許(さいきよ))と同様の効力が与えられる。民事裁判手続(出入筋(でいりすじ))においては,公権的・法規的裁断である裁許よりも,両当事者の互譲によって具体的合意を導く内済のほうが,紛争解決の原則的方法として奨励された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ないさい【内済】

( 名 ) スル
表ざたにせずに、内々に事を済ませること。 「金を支払って-にする」 「泣付て-を頼で、やつと無事に収まつた/福翁自伝 諭吉」 「ならう事なら顔迄毛を生やして、こつちのあばたも-にしたい位な所だから/吾輩は猫である 漱石

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内済
ないさい

江戸時代、裁判上の和解のこと。江戸幕府は、民事裁判ではなるべく両当事者の和解による訴訟の終了を望んだが、ことに無担保利子付きの金銭債務に関する訴訟、すなわち金公事(かねくじ)においては、強力に内済を勧奨した。内済は訴訟両当事者連判の内済証文を奉行(ぶぎょう)所に提出して、その認可を受けることによって有効となったが、金公事の場合には片済口(かたすみくち)と称して原告が作成した内済証文だけで足りた。[石井良助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の内済の言及

【噯∥扱】より

…【勝俣 鎮夫】
[近世]
 取扱ともいい,仲介者を噯人,扱人と称した。江戸幕府は,私的紛争は当事者間で話し合い,互譲,解決する内済(ないさい)を原則とし,原告被告の主張の当否を判断して裁許(さいきよ),すなわち判決を下すのは,やむをえない場合に限られた。裁判外はもとより裁判中にも役人は内済が成立するように誘導し,ときに威圧を加え,扱人は役人の意を汲んで両当事者を納得させるように努めた。…

【済口】より

…江戸時代の民事裁判手続(出入筋(でいりすじ))において,和解(内済(ないさい))が成立すること。民事事件(公事(くじ),出入物)では奉行所は終始内済を勧めるのであって,裁判のどの段階においても内済することが可能である。…

※「内済」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内済の関連情報