コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹式呼吸 ふくしきこきゅう

5件 の用語解説(腹式呼吸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腹式呼吸
ふくしきこきゅう

横隔膜呼吸ともいう。肺の容積を拡大するため,横隔膜を腹腔へ下げるようにして行う呼吸法。胸郭を広げることによって行う胸式呼吸に対する方法であるが,通常の呼吸は両者の混合で行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふくしき‐こきゅう〔‐コキフ〕【腹式呼吸】

腹筋や横隔膜の運動によって行う呼吸形式。横隔膜呼吸。腹呼吸。→胸式呼吸

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふくしきこきゅう【腹式呼吸 abdominal respiration】

横隔膜が収縮して下降することにより吸息を行う型の呼吸。胸囲の前後左右径の拡大によって吸息の行われる型の胸式呼吸chest respirationと対比されて呼ばれるが,実際には正常者ではこの二つの型の呼吸は混在しており,かつ腹式呼吸のほうが優勢である。横隔膜が収縮すると,肝臓,胃などの上腹部が下方に押し下げられ,腹囲は拡大するが,横隔膜が弛緩すると,胸腔内に生じた陰圧,腹腔の陽圧によって横隔膜は上方に押し上げられ,いわば受動的に呼息がなされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふくしきこきゅう【腹式呼吸】

横隔膜の上下運動を主とする呼吸の型。腹ふく呼吸。 → 胸式呼吸

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腹式呼吸
ふくしきこきゅう

呼吸運動は胸郭の拡張と横隔膜の収縮によって営まれるが、横隔膜の収縮が主となるような呼吸の型を腹式呼吸とよぶ。腹式呼吸では、横隔膜の収縮という活動が腹部内臓を押し下げ、腹壁を前方に押し出すという様式をとるのに対し、胸式呼吸では、肋間(ろっかん)筋の活動が著明となり、胸部がよく動くという様式となる。横隔膜の呼吸による移動の大きさは、安静呼吸時で約1.5センチメートル、深呼吸時では6~7センチメートルに達する。深呼吸時では、さらに脊柱(せきちゅう)の伸展がおこって胸郭が上方に持ち上げられるため、真の横隔膜の低下は10センチメートルにも達することとなる。また、横隔膜の総表面積は約30平方センチメートルであるから、安静呼吸時で450ミリリットル、最大吸気で約3000ミリリットルもの換気が横隔膜の運動によって成し遂げられることになる。
 呼吸の仕方において、男子は腹式、女子は胸式呼吸をするとよくいわれるが、前述のように呼吸のうえで横隔膜の占める役割は非常に大きいため、普通は男女ともに横隔膜による呼吸の割合のほうが優越している。ただし、姿勢や服装、妊娠などによって、その割合は影響されるし、個人差も大きい。[本田良行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の腹式呼吸の言及

【横隔膜】より

…また横隔膜が弛緩すると,ドームは再び上方に向けて高まり,胸腔が縮小して息をはき出す(呼気)。われわれが日常行っている呼吸運動には,このような横隔膜の上下運動による横隔膜呼吸(腹式呼吸ともいう)と,肋骨の上下運動による肋骨呼吸(胸式呼吸)とがある。日常はこの二つの呼吸様式を合併して行っている。…

【呼吸】より

…呼吸数は新生児では1分間に29回(未熟児では34回),健康な成人では安静時1分間に平均11.7(10.1~13.1)回,軽労働時に平均17.1(15.7~18.2)回,重労働時に平均21.2(18.6~23.3)回で,24回をこえることはない。呼吸筋として横隔膜がおもに働く場合を腹式呼吸,肋間筋が主体となる場合を胸式呼吸というが,自然の呼吸運動では両方が共存している。おおよそ,肺活量の2/3が横隔膜の運動に,1/3が胸郭の運動によっている。…

※「腹式呼吸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

腹式呼吸の関連キーワードしゃっくり攣縮奇異呼吸先天性横隔膜ヘルニア低温収縮奇異性横隔膜現象キーンベック現象横隔膜まひ/横隔膜弛緩症横隔膜けいれん(しゃっくり)横隔膜 (diaphragm)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腹式呼吸の関連情報