コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臉譜 れんぷlian-pu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臉譜
れんぷ
lian-pu

中国の伝統演劇の化粧法。歌舞伎隈取 (くまどり) と似ており,唐代の仮面劇に由来するといわれる。明代までは簡単であったが,京劇に受継がれる過程で複雑に進化した。役柄が主で,道化役の丑にも使う。色によって役柄の身分性格が区別され,黒は正義や剛直,白は奸詐野心,紅は誠実,黄は獰猛,緑は凶悪,青は妖邪,金銀は神聖を意味する。色と線が組合さってさらに細分化される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

れん‐ぷ【×臉譜】

《「臉」は顔の意》京劇など中国古典劇の化粧法で、俳優の顔に施す隈取(くまど)り。仮面から脱化して、清朝末期に現在の様式が完成。異なった彩色により、その人物の性格を示す。けんぷ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんぷ【臉譜】

〔「臉」は顔の意〕
中国の京劇で、役者の顔に施す化粧法。歌舞伎の隈取くまどりに似る。隋・唐舞楽の仮面から転化したもので、色によって人物の性格を表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臉譜
れんぷ

中国の伝統劇に使用される隈取(くまどり)化粧の型。臉は顔のことである。唐代の仮面劇に由来するともいわれるが、元代の雑劇、明(みん)代の伝奇、清(しん)代の崑曲(こんきょく)から京劇へと受け継がれる過程で、化粧法の進化がみられる。主として豪傑、敵(かたき)役、神仙などを演じる浄(じょう)の役柄が用いるもので、さまざまな色彩と紋様の組合せによって人物の正邪善悪を表現する。色では、紅は忠勇、藍(あい)は獰猛(どうもう)、黄は腹黒、白は奸悪(かんあく)、黒は剛直、紫は謹厳、青は妖邪(ようじゃ)、緑は凶悪、金銀は神仙を表す。紋様は一色だけの整臉(せいれん)、複雑多岐な砕臉(さいれん)、額と右頬(ほお)と左頬の三面に分ける三塊瓦臉(さんかいがれん)、邪悪にゆがむ歪臉(わいれん)、均衡を狂わせた破臉(はれん)などに大別される。また道化を演じる丑(ちゅう)の役柄は、顔面の中央、鼻と目のあたりだけ白く塗って滑稽(こっけい)さや狡猾(こうかつ)さを表現するが、その型には豆腐臉(とうふれん)、棗核臉(そうかくれん)などがある。歴史上有名な人物、劇中なじみの人物の色と紋様は決まっていて、それだけでも数百種に上る。[内山 鶉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の臉譜の言及

【隈取】より

…演技が終わったあと,隈取を紙または羽二重などに押しあてて写しとったものは〈押隈〉といい,好劇家に愛蔵されている。【小池 章太郎】
[臉譜]
 中国では隈取を〈臉譜(れんぷ)〉という。もと古代の仮面に源を発し,それから発達してきたといわれ,宋・元の演劇にはすでに用いられていたが,長い年月を経て複雑化し,今日みられるような多彩な様式に変化してきた。…

※「臉譜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

臉譜の関連キーワード舞台化粧布袋戯紋様