コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自利利他 ジリリタ

デジタル大辞泉の解説

じり‐りた【自利利他】

仏語。自らの悟りのために修行し努力することと、他の人の救済のために尽くすこと。この二つを共に完全に行うことを大乗理想とする。自益益他。自行化他自他

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じりりた【自利利他】

自利と利他。自らの仏道修行により得た功徳を自分が受け取るとともに、他のための仏法の利益をはかること。自行化他。自他。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自利利他の関連キーワード飯田新七(2代)自利・利他広瀬宰平大自在菩薩道仏語三乗功徳利益三福自利仏法利他菩薩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自利利他の関連情報