コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己増殖機械 じこぞうしょくきかい self‐reproduction machine

1件 の用語解説(自己増殖機械の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じこぞうしょくきかい【自己増殖機械 self‐reproduction machine】

生物や生命の最大の特徴は生殖である。生殖とは生物個体が自分と同じ構造や性質を持った生物個体をつくり出すことである。生殖には増えるという要素が入るから自己増殖ともいう。他方,機械は人間がつくり出したもので,一般に自分自身とは異なるもの(機械を含む)を製造する。通常,製造機械は被製造物よりも複雑であり,自分自身と同じか,より複雑なものを製造することはできないと考えられていた。例えばコピー機は原稿と機械によって原稿と同等のコピーを多数つくり出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自己増殖機械の関連キーワード生殖無性生殖生殖細胞生殖器官両性生殖生殖上皮生殖巣生殖本能生殖腺切除生相

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone