コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由漁業 ジユウギョギョウ

デジタル大辞泉の解説

じゆう‐ぎょぎょう〔ジイウギヨゲフ〕【自由漁業】

漁業法による官庁許可免許を必要とせず、自由に行うことのできる漁業。漁業の多くは許可制となっているので、表層の釣り程度がこれに相当。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自由漁業
じゆうぎょぎょう

漁業法による免許や許可を必要とせず、だれもが自由に行える漁業のこと。しかし、大部分の漁業は漁業権や漁業許可の対象になっており、自由漁業の範囲は、表層魚の竿(さお)釣り、手釣り、徒手(としゅ)採捕などきわめて限定されたものである。各都道府県の漁業調整規則においては漁業者が遵守している漁業規制や資源管理に準じ、遊漁者などの非漁業者による漁具、漁法を制限している。[長谷川彰・廣吉勝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の自由漁業の言及

【漁業権】より

…漁業権には,定置漁業権,区画漁業権および共同漁業権の3種類がある(漁業法6条)。漁業制度上漁業の種類を分類すれば,漁業権漁業のほかに許可漁業および自由漁業がある。自由漁業は,免許や許可を要しない漁業であって,水産資源の保護培養上,漁業の調整上とくに問題とならない一部の一本釣漁業,延縄(はえなわ)漁業などの漁業がこれに該当する。…

※「自由漁業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自由漁業の関連キーワード漁業補償訴訟イカ釣り漁業

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android