コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭化アセチル しゅうかあせちるacetyl bromide

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臭化アセチル
しゅうかあせちる
acetyl bromide

酢酸CH3COOHのヒドロキシ基-OHを臭素原子に置換した化合物。正しくは臭化エタノイルというが、一般的に臭化アセチルといわれている。刺激臭のある発煙性無色液体。酢酸または無水酢酸に三臭化リンを作用させて合成する。エーテル、ベンゼンには溶けるが、水とは激しく反応して酢酸と臭化水素になる。アルコールとも反応し酢酸エステルとなる。カルボニル基炭素原子上での反応により臭素原子が他の原子団と交換されやすいため、有機化合物にアセチル基CH3CO-を導入するアセチル化剤となる。塩化アセチルより反応活性はすこし低い。催涙性があり、皮膚、目、粘膜を刺激する。[谷利陸平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

臭化アセチルの関連キーワード臭化アセチル(データノート)

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android