コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野津 のつ

2件 の用語解説(野津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野津
のつ

大分県南東部,臼杵市南西部の旧町域。大野川の支流野津川の流域にある。 1949年町制。 1955年川登村,南野津村の2村と合体。 2005年臼杵市と合体。中心集落の野津市 (のついち) は佐伯と大分を結ぶ街道 (現国道 10号線) と,臼杵と竹田を結ぶ街道との交差点にあたり,古くから市場町,宿場町として栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野津
のつ

大分県東南部、大野郡にあった旧町名(野津町(まち))。現在は、臼杵(うすき)市の南西部を占める地域。旧野津町は、1949年(昭和24)4月野津市(のついち)村が町制施行、同年7月野津町と改称。1951年田野(たの)村、1955年川登(かわのぼり)、南野津の2村と合併。2005年(平成17)臼杵市と合併、臼杵市となる。「野津」の名は、中世の野津院と称した地名を継承。火山灰台地が広く、大野川支流の野津川が北流し、この川に沿って国道10号が南北に縦貫し、国道502号も通じる。中心の野津市地区は市場町。近世野津郷五か村の中心であった野津市では、1766年(明和3)4・9の市(いち)日が1・6の日に変更。のち衰えたらしく、1808年(文化5)元の六斎市(ろくさいいち)に復することを臼杵(うすき)藩に申請、許可されている。いまも旧暦10月3日から三日市が立つ。一帯は16世紀後半にキリシタンが栄えた所。河谷平地では米、台地では葉タバコ、ムギのほかサツマイモ、ニラ、ピーマンなどの野菜がつくられる。泊(とまり)地区の風連鍾乳洞(ふうれんしょうにゅうどう)(風連洞窟)は国指定天然記念物。国指定重要文化財として、王子(おうじ)の石造九重塔、八里合(はちりごう)の石造五輪塔がある。なお、同重要文化財の虹澗(こうかん)橋は、大野川の支流三重川に架かる石造アーチ橋で、1824年(文政7)に架橋され現在も使用されている。[兼子俊一]
『『野津町誌』(1965・野津町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野津の関連キーワード大分県臼杵市臼杵大分県臼杵市大野大分県臼杵市田井大分県臼杵市田尻大分県臼杵市中臼杵大分県臼杵市中尾大分県臼杵市野田野津〈町〉大分県臼杵市深田大分県臼杵市福良

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野津の関連情報