下山古墳(読み)しもやまこふん

国指定史跡ガイドの解説

しもやまこふん【下山古墳】


大分県臼杵(うすき)市諏訪にある古墳。熊崎川を見下ろす標高約70mの丘陵上に築かれた5世紀中ごろの前方後円墳で、1957年(昭和32)に国の史跡に指定された。全長68m、後円部径46m、前方部幅37mの規模で、後円部には造り出しと陪塚(ばいちょう)が付属。前方部と後円部の境目付近には石甲(せっこう)(短甲形石人とも呼ばれる石像)1基が立つ。大分県で石甲を有する古墳は下山古墳と、同じく臼杵市にあり、出土した石甲が重要文化財に指定された臼塚古墳の2つだけである。後円部には、長さ2.5m、幅1.3m、高さ1mの組み合わせ式家形石棺があり、石棺の蓋には帯状文が浮き彫りされている。棺内には2体が埋葬され、副葬品として仿製(ぼうせい)神獣鏡、貝輪、管玉(くだたま)、櫛(くし)、鉄剣、鉄刀、鉄鏃(てつぞく)、鉄斧(てっぷ)などが出土。棺外からは多量の鉄の材料が見つかり注目されている。現在は、石棺上に覆屋が設けられ、周囲には芝生が植えられるなどの整備がなされている。JR日豊本線熊崎駅から徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android