コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞子ノ浜 まいこノはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舞子ノ浜
まいこノはま

兵庫県神戸市垂水区にある約 1kmに及ぶ白砂青松の海岸。千姿万態のマツの枝ぶりが舞子の舞い姿に似ていることが地名の由来。明石海峡にのぞみ淡路島を眺望する景勝地で,三保の松原 (静岡県) ,虹ノ松原 (佐賀県) とともに日本三大松原の1つ。浜辺にある六角堂は中国革命の先人孫文ゆかりの建造物。第2次世界大戦後,国道2号線の拡幅による伐採,自動車の排気ガスやマツクイムシの被害で老松立枯れが相次ぎ,往時の面影を失った。舞子と淡路島を長大吊橋で結ぶ明石海峡大橋が 1998年に完成。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

舞子ノ浜の関連キーワード兵庫県神戸市垂水区近江舞子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android