コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舟山群島 シュウザングントウ

デジタル大辞泉の解説

しゅうざん‐ぐんとう〔シウザングンタウ〕【舟山群島】

中国浙江(せっこう)省北東部、東シナ海にある群島。沿岸は好漁場で、漁業水産加工業が盛ん。最大の島は舟山島で、面積約523平方キロ。チョウシャン‐チュンタオ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

舟山群島【しゅうざんぐんとう】

中国,浙江省東方,東シナ海にある群島。舟山,普陀,岱山など400余の島からなり,舟山が最も大きく,普陀山は中国仏教四大名山の一つ。付近はグチ,タチウオ等の好漁場。
→関連項目寧波

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうざんぐんとう【舟山群島 Zhōu shān qún dǎo】

中国,浙江省の東海,杭州湾の門戸に散在する島嶼群。舟山,普陀,長涂山,岱山等,大小約400余の島からなる。最大の島は舟山島で,面積523km2。行政的には浙江省舟山地区をなし,舟山島の定海県に中心が置かれる。付近は有数の近海漁場で,また岱山島には大規模な製塩場がある。この群島は江南地方から近海の地にあり,春秋時代から甬東(ようとう)と呼ばれ,僻遠の地として認識され,流刑の場所などに用いられた。唐代にはじめて翁山県が置かれ,しだいに開発もすすめられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうざんぐんとう【舟山群島】

中国、浙江省の杭州湾沖にある群島。主島は舟山島。周辺は好漁場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舟山群島
しゅうざんぐんとう

チョウシャン(舟山)群島」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舟山群島
しゅうざんぐんとう / チョウシャンチュンタオ

中国、浙江(せっこう/チョーチヤン)省北東部、杭州(こうしゅう/ハンチョウ)湾外の東シナ海にある群島。北は(しょうし)列島に始まり、南は六横島(りくおうとう)に至り、舟山、普陀(ふだ)、長塗(ちょうと)、岱山(たいざん)、衢山(くざん)など400余りの島からなる。最大の島は面積523平方キロメートルの舟山島。気候は温暖湿潤で、年降水量は1400ミリメートル前後、夏から秋にかけて台風がたびたび襲来する。古来この群島は海上交通の要衝をなし、唐・宋(そう)代以後、日中交通上の船舶の寄港地として知られた。アヘン戦争時にはイギリス軍によりたびたび占領された。群島近海は中国最大の漁場で、舟山島の沈家門(しんかもん)では水産加工業が発達する。また岱山島は重要な塩の産地である。舟山島の舟山市定海区が群島の中心地で舟山地区の行政公署が置かれている。舟山島東側の普陀山(ふださん/プートゥオシャン)(普陀島)は中国三大仏教聖地の一つである。[林 和生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

舟山群島の関連キーワードチョウシャンチュインタオチョーチヤン(浙江)省ハンチョウ(杭州)湾プートー(普陀)山チョウシャン群島鎮海(中国)浙江(省)アヘン戦争和生