コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良暁 りょうぎょう

2件 の用語解説(良暁の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

良暁

曼殊院門跡坊官。姓塩川。寛永14年四八方にて法印に叙せらる。天正10年(1582)生。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

良暁
りょうぎょう

[生]建長2(1250)?
[没]嘉暦3(1328).3.1.
鎌倉時代浄土宗僧。鎮西派白旗流の祖。 18歳で比叡山に登り,のち鎌倉の光明寺に入って,弘安 10 (1287) 年光明寺第2世となる。下総の称名寺,相模の浄楽寺などを開いて浄土教を宣揚するとともに,著作活動に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

良暁の関連キーワード階乗元嘉暦没・歿勃・歿・没三角数顕昭(2)済宝菅原淳高Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

良暁の関連情報