コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花上野誉の石碑 はなのうえのほまれのいしぶみ

2件 の用語解説(花上野誉の石碑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花上野誉の石碑
はなのうえのほまれのいしぶみ

浄瑠璃。時代物。 10段。司馬芝叟筒井半二合作。天明8 (1788) 年7段目までを江戸肥前座初演。翌年薩摩座再演の際,3段が追加された。寛永 18 (1641) 年丸亀生駒家の剣士田宮源八の子小太郎が父のかたき堀源太左衛門を討った事件に,金毘羅権現の利生記を加え,浄瑠璃『敵討稚物語 (かたきうちおさなものがたり) 』などの先行作をふまえて脚色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はなのうえのほまれのいしぶみ【花上野誉の石碑】

人形浄瑠璃。時代物。10段。司馬芝叟(しばしばそう),筒井半二,亶侯多蔵(たんこうたぞう),玉木筆二による合作。ただし,多蔵,筆二は,8,9,10各段の増補作者。通称《田宮坊太郎》。角書〈金毘羅利生記〉。1788年(天明8)8月(正本刊記による)江戸肥前座で,七段目まで初演。半年後,89年(寛政1)2月またはその少し前に,対立する江戸薩摩座で,八,九,十段目が増補再演された(増補版正本の刊記による)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

花上野誉の石碑の関連キーワード操り浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座箱根霊験躄仇討花上野誉石碑内海繁太郎司馬芝叟景清(人形浄瑠璃)《廿四孝》(人形浄瑠璃)文七(人形浄瑠璃)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone