コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花柳徳兵衛 はなやぎ とくべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花柳徳兵衛 はなやぎ-とくべえ

1908-1968 昭和時代の日本舞踊家。
明治41年1月16日生まれ。花柳徳之輔に師事。創作舞踊に活躍し,舞踊団を組織して群舞を成功させる。昭和37年徳兵衛日本舞踊学校を創立。アジア諸国を歴訪し文化交流につくした。代表作に「慟哭(どうこく)」「土に生きる」など。昭和43年5月24日死去。60歳。群馬県出身。本名は寺崎孝太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はなやぎとくべえ【花柳徳兵衛】

1908‐68(明治41‐昭和43)
舞踊家。本名寺崎孝太郎。高崎市生れ。花柳徳之輔に師事し,1928年花柳徳兵衛の名を許される。創作活動を重ね,日本舞踊における群舞を開拓した。第2次世界大戦後の作品に《慟哭(どうこく)》《土に生きる》《野の火》《田の神の暦》《壇の浦》などの秀作がある。また《民俗舞踊集》の作品もある。62年東京都武蔵野市に〈徳兵衛日本舞踊学校〉を開設して校長に就任。戦前戦後を通じてアジア諸国を歴訪,親善と文化交流に貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花柳徳兵衛
はなやぎとくべえ
(1908―1968)

日本舞踊家。本名寺崎孝太郎。群馬県高崎市に生まれる。花柳徳之輔(とくのすけ)に師事し、1928年(昭和3)花柳徳兵衛の名を許される。創作舞踊に実力を発揮し、舞踊団を結成して日本舞踊における群舞を開拓、民俗舞踊を基盤とした創作作品にも特色を示した。62年(昭和37)には東京都武蔵野(むさしの)市に「徳兵衛日本舞踊学校」を開設、舞踊家を育成した。戦前・戦後を通じアジアの国々を歴訪し、日中親善をはじめ、文化交流に貢献した。代表作に『慟哭(どうこく)』『土に生きる』『野の火』『田の神の暦』など。[如月青子]
『花柳順著『徳妻之記』(1962・蒼芸社) ▽花柳徳兵衛著『日本舞踊を始める人のために』(1963・池田書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

花柳徳兵衛の関連キーワード花柳 徳兵衛昭和時代新舞踊

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android