コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花輪台貝塚 はなわだいかいづか

3件 の用語解説(花輪台貝塚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花輪台貝塚
はなわだいかいづか

茨城県北相馬郡利根町にある縄文時代早期の遺跡。住居址のほか,早期の花輪台式土器,石器,骨製品,早期の土偶を出土している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はなわだいかいづか【花輪台貝塚】

茨城県北相馬郡利根町早尾塙台にある縄文時代早期の遺跡。利根川小貝川の合流点から北東へ約1.5km,半島状にのびた標高約20mの北相馬丘陵上に位置する。かつての軍の施設によって土取りされ,竪穴住居跡内の貝層のみが残ったものである。貝塚はヤマトシジミなどの淡水産の貝類が主体の主淡貝塚で,1946年,48年に縄文時代早期の竪穴住居跡5基が発掘調査された。住居跡はローム層を20~30cm掘り下げた正方形に近い方形の竪穴で,内部にはすべて炉がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花輪台貝塚
はなわだいかいづか

茨城県北相馬(きたそうま)郡利根(とね)町早尾塙台(はやおはなわだい)にある縄文時代早期の貝塚・集落跡。利根川に南面する台地上に立地する地点貝塚群があり、貝層下に早期花輪台式期の竪穴(たてあな)住居址(し)群がある。1946年(昭和21)、48年の発掘で、方形の竪穴住居址五軒と縄文土器、土偶、土錘(どすい)、石鏃(せきぞく)、磨製石斧(せきふ)、骨鏃(こつぞく)、やす、釣り針、イモガイ製垂飾品(すいしょくひん)が出土している。早期中葉の花輪台式土器は撚糸文(よりいともん)、羽状縄文と無文、凹線(おうせん)文の尖底(せんてい)深鉢で、式と式に分類されている。貝塚は淡水産のヤマトシジミにハマグリ、サルボウを混じえ、クロダイ、エイの魚骨もあり、海進が進み花輪台付近が利根川河口であったことを示す。[十菱駿武]
『吉田格著『関東の石器時代』(1973・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone