コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苗売 なえうり

2件 の用語解説(苗売の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

苗売
なえうり

5月頃,草花や,ナス,ヘチマヒョウタンなどの苗をてんびんでになって町中を売り歩いた人。「朝顔の苗や,夕顔の苗…」という独特の長く引いた呼び売りの声は,都会の初夏の風物の一つであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なえうり【苗売】

晩春,初夏のころ,野菜や草花の苗を売り歩く行商人。独特の売声で呼び歩いたもので,平出鏗二郎の《東京風俗志》(1898)は〈苗やい,苗やい,朝顔の苗やい,唐蜀黍(とうもろこし)の苗やい,胡瓜(きゆうり)の苗やい,茄子(なす)の苗〉と呼んだとしている。《守貞漫稿》によると,幕末ごろの京坂には,夜店の苗売があって行商はなく,江戸ではアサガオだけは別に〈朝顔売〉がいて売り歩いていたという。夏近しを思わせる町の風物詩であったが,第2次大戦後はまったく姿を消してしまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

苗売の関連キーワード飴売り扇売り牛王売り緡売り苗売り中売り水売り売歩く遅霜晩鶯

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone