コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡瓜/黄瓜 キウリ

デジタル大辞泉の解説

き‐うり【胡瓜/黄×瓜】

きゅうり(胡瓜)

きゅうり〔きうり〕【胡瓜/×瓜】

ウリ科の蔓性(つるせい)の一年草。茎から巻きひげを出して絡みつく。葉は手のひら状に浅く切れ込む。夏、黄色の雄花と雌花とをつける。実は円柱形で、いぼがあり、緑色であるが熟すと黄褐色になる。若い実を食用にする。インドの原産。野菜として栽培。からうり。 夏》「市に見る今朝の―や小指ほど/紅葉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そばうり【胡瓜】

キュウリの古名。 〔和名抄〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

胡瓜 (キュウリ)

学名:Cucumis sativus
植物。ウリ科の一年生つる植物,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

胡瓜/黄瓜の関連キーワード渦巻き漬け・渦巻漬けキュウリ(胡瓜)木瓜(もこう)シルク・ロード岡本 一平奥村 土牛小倉 遊亀西洋料理通仮名垣魯文胡瓜・黄瓜玉転がし毛馬胡瓜奥村土牛小倉遊亀キュウリ及部胡瓜中国野菜和名抄大阪府北海道

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android