コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦木 クボク

大辞林 第三版の解説

くぼく【苦木】

にがき【苦木】

ニガキ科の落葉高木。山地に自生。高さ約10メートル。葉は互生し、大形の羽状複葉。小葉は対生する。枝・葉に強い苦みがある。木部を苦味健胃薬とし、材は緻密で器具・細工物とする。クボク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

苦木 (ニガキ)

植物。バラ科の落葉高木,薬用植物。ウワミズザクラの別称

苦木 (ニガキ)

植物。ミカン科の落葉高木,園芸植物,薬用植物。キハダの別称

苦木 (ニガキ)

植物。ミカン科の落葉低木,薬用植物。コクサギの別称

苦木 (ニガキ)

植物。トベラ科の常緑低木・小高木,園芸植物。トベラの別称

苦木 (ニガキ・クボク)

学名:Picrasma quassioides
植物。ニガキ科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

苦木 (ニガキ)

植物。マメ科の落葉高木,薬用植物。エンジュの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

苦木の関連キーワードニガキ(苦木)細工物ニガキ愛洲氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android