苫前町(読み)とままえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

苫前〔町〕
とままえ

北海道北西部,日本海にのぞむ町。 1948年町制。地名はアイヌ語トマオマイ (エゾエンゴサクの花がたくさんあるところの意) に由来。江戸時代後期よりニシン漁で開け,50年頃まで繁栄した。おもに畑作と酪農が行われる。町域の約 80%が天塩山地で,林業と合板や製材などの木材加工業も発達。沿岸漁業も行われる。国道 232号線が海岸部を通り,239号線が町域を横断。面積 454.6km2。人口 3265(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苫前町の関連情報