茅ヶ崎[市](読み)ちがさき

百科事典マイペディア「茅ヶ崎[市]」の解説

茅ヶ崎[市]【ちがさき】

神奈川県中部,相模湾に面する市。1947年市制。相模川東部の低地を占め,南部は海岸沿いに砂丘発達,高級別荘地保養地として知られる。東海道本線が通じ相模線が分岐して交通の便が良いため,近年は急速に住宅地化が進んでいる。北部は京浜地方を対象に野菜,花卉(かき),イチゴなどを栽培する園芸農業地区。昭和30年代から急速に工業化が進み,電気器具製鋼,食品,陶器などの工場もある。35.70km2。23万5081人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「茅ヶ崎[市]」の解説

ちがさき【茅ヶ崎[市]】

神奈川県中南部,相模湾岸の市。1947年市制。人口21万2874(1995)。北東部は相模原台地の南西部に属し,南部は海岸砂丘地,西は相模川に限られる。平安後期成立の大庭(おおば)御厨(みくりや)の西部にあたり,1470年(文明2)の文書に〈ちかさき〉の地名が見える。江戸時代は藤沢~平塚間の間の宿(あいのしゆく)として東海道茶屋町であった。1887年東海道本線が国府津(こうづ)まで開通して98年に茅ヶ崎駅が設けられ,東の藤沢市,西の平塚市と並んで,湘南保養地帯の一環として市街地化が進んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android