コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茎崎[町] くきざき

世界大百科事典 第2版の解説

くきざき【茎崎[町]】

茨城県南部,稲敷郡の町。1983年町制。人口2万6315(1995)。牛久沼の北に位置し,標高20~25mの筑波稲敷台地と牛久沼に沿った低地からなる。米,麦,ラッカセイなどを中心とする純農村であったが,1968年に筑波研究学園都市の区域に入り,林業試験場,畜産試験場などが設置され,都市化が進んだ。70年代中ごろからは常磐線牛久駅に近い地域に住宅団地がつくられ,東京方面への通勤者がふえている。【千葉 立也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android