コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草津町 くさつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草津〔町〕
くさつ

群馬県西部,白根山 (草津白根) の南東斜面にある町。 1900年町制。古くから温泉集落として発展し,泉源湯畑 (ゆばたけ) を中心に放射状の道路に沿って旅館が並ぶ。近年,温泉集落の外側の高原に,大規模な近代的旅館が進出し,景観を変えた。標高約 1200mの高地にあり,夏は避暑地,冬はスキー場として多くの観光客でにぎわう。 70年志賀高原と結ぶ志賀草津道路 (現国道 292号線) が完成。上信越高原国立公園に属し,白根山の登山基地。山麓のアズマシャクナゲおよびハクサンシャクナゲ群落は天然記念物。中心市街地の東方約 2kmに国立療養所栗生楽泉園がある。湯川沿いには強酸性の河水を中和する中和工場があり,石灰を投入している。面積 49.75km2(境界未定)。人口 6518(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くさつ‐まち【草津町】

草津

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

草津町の関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地草津高原オートキャンプ場群馬県吾妻郡草津町草津群馬県吾妻郡草津町前口草津高原ユースホステル日本のおもな動物園草津国際スキー場草津運動茶屋公園ザスパクサツ群馬地熱(ちねつ)テルメテルメ嬬恋村の要覧草津町の要覧黒岩 忠四郎芳ヶ平湿地群ゆもみちゃんベルツ記念館群馬県吾妻郡黒岩忠四郎草津(町)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草津町の関連情報