コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草津温泉 くさつおんせん

5件 の用語解説(草津温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草津温泉
くさつおんせん

群馬県西部,白根山 (草津白根) の南東麓草津町にある温泉。古くから温泉集落を形成していたが,標高 1200mの高地にあるため,明治時代中頃までは,冬住みと称して冬季間は下の集落へ移った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くさつ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【草津温泉】

草津

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

草津温泉

兵庫県豊岡市にある温泉地。標高約1200メートルの山間部に位置する。泉質は酸性泉、硫黄泉など。自然湧出量は日本一とされる。古くから「万病に吉」と言われる湯治場で、独特の入浴法「時間湯」や「湯もみ」が行なわれることでも知られる。地域団体商標

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕草津温泉(くさつおんせん)


群馬県北西部、白根(しらね)山東麓(とうろく)の標高約1200mの高原にある行楽・保養向きの温泉。民謡『草津節』で昔から全国に知られた名湯治場。自噴湧出(ゆうしゅつ)量は毎分3万7000リットル近くに達し全国屈指。共同浴場・露天風呂が数多く点在し、伝統の湯もみ作業見物もできる。志賀(しが)草津道路で長野県側の志賀高原と結ばれ、スキーテニスサイクリングなどの施設も充実。洋風のクアハウスペンション群、温泉資料館や温泉熱を利用した熱帯園がある。酸性-含鉄・硫黄-アルミニウムカルシウム-硫酸塩・塩化物泉硫化水素型)、酸性-含ヒ素-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉。泉温63.5℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草津温泉
くさつおんせん

群馬県西部、吾妻(あがつま)郡草津町にある温泉。標高1170メートル、日本の高位温泉集落の一つで「草津よいとこ一度はおいで……」の『草津節』で知られている。温泉の湧出(ゆうしゅつ)量はきわめて豊富で、自然湧出量は全国第一位といわれる。盆地状中央で湯煙をあげる湯畑(ゆばたけ)を中心に、万代(ばんだい)、白旗(しらはた)ノ湯、西ノ河原(さいのかわら)など十数か所から湧出、いずれも強酸性の硫黄泉で、湯畑ではpH2.1、泉温は55~95℃を示す。温泉旅館は湯畑に集まる放射状の道路に沿って建てられ、豪壮な近代建築もみられる。温泉の発見は古く、源頼朝(よりとも)が浅間山麓(あさまさんろく)に巻狩の際に入浴した記事があり、江戸時代には東国の名湯として知られたが、盛んになったのは明治以後。神経痛、皮膚病などの湯治客を主体としたが、最近は「湯もみ」姿が見せ物化したように観光客主体の温泉に変質している。草津熱帯園、草津運動茶屋公園、片岡鶴太郎美術館などがある。JR吾妻線の長野原草津口駅から国道292号経由でバスが走り、夏の避暑、秋の紅葉、とくに冬のスキーに好適で、東京からの観光客、スキー客が多い。国道292号はさらに殺生河原(せっしょうがわら)、白根山腹を経て志賀高原に達する。北陸新幹線軽井沢駅からもバスが通じる。[村木定雄]
『萩原進著『草津温泉史』(1948・文進堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草津温泉の関連キーワード草津白根日光白根白根葵白根川芎白根人参しらね群馬県吾妻郡草津町群馬県北群馬郡吉岡町白根〈町〉奥白根

草津温泉の関連情報