荒れる(読み)アレル

デジタル大辞泉「荒れる」の解説

あ・れる【荒れる】

[動ラ下一][文]あ・る[ラ下二]
風・天候などが穏やかでなくなる。「海が—・れる」
態度・行動などが穏やかでなくなる。乱暴になる。「酒を飲んで—・れる」
建物・土地などが手入れされずに荒廃する。「が—・れる」
生活や心などがすさんで潤いがなくなる。「生活が—・れる」
脂気が少なくなって皮膚がかさかさになる。「手が—・れる」
物事の進行状態がふつうではなくなる。もめる。また、勝負などが予想外の結果になる。「会議が—・れる」「—・れた試合
相場が激しく変動する。
が白ける。興味がそがれる。
「御遊もはや—・れにけり」〈平家・五〉
[類語](1崩れるぐずつくしける時化大荒れ荒れ模様荒天悪天候暴風雨/(2荒らすすさむすさぶ焦慮苛立ち焦燥焦るせく急き込む気が急く逸るテンパる焦心苛立つかりかりじりじりやきもきむしゃくしゃむずむずうずうずじれる苛つく業を煮やす痺れを切らす歯痒いじれったいもどかしい辛気臭い苛立たしいまだるっこいまどろっこい躍起隔靴掻痒いらいら尖る/(3あばら荒れ果てる荒廃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android