コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木俊馬 あらき としま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木俊馬 あらき-としま

1897-1978 大正-昭和時代の天文学者。
明治30年3月20日生まれ。ドイツに留学し,ラウエにまなぶ。昭和16年京都帝大教授。戦後,公職追放解除ののち大谷大教授をへて,40年京都産業大を創設し,学長となる。昭和53年7月10日死去。81歳。熊本県出身。京都帝大卒。著作に「天文宇宙物理学総論」「天体力学」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あらきとしま【荒木俊馬】

1897‐1978(明治30‐昭和53)
熊本県の生れ。1923年京都帝国大学理学部宇宙物理学科を卒業し,講師を経て24年助教授となった。セファイド型(ケフェウス座δ型)変光星の大気に関する研究で学位を取得(1929),29‐31年ドイツに留学し,ポツダム天体物理観測所のルーデンドルフF.W.H.Ludendorff(1873‐1941)やベルリン大学のM.T.F.vonラウエのもとで研究に従事した。帰国後は天体物理学と天体力学の講義を担当し,また研究活動は変光星から白色矮星(わいせい)の内部構造,輝線スペクトルを示す特異星大気の理論,さらに日本学士院の委嘱による日本暦学史の分野に及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あらきとしま【荒木俊馬】

1897~1978) 天文学者・教育者。熊本県生まれ。京大教授。京都産業大学を創設。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒木俊馬
あらきとしま
(1897―1978)

天文学者。熊本県に生まれる。広島高等師範学校を卒業後、京都帝国大学理学部物理学科に入学、翌年宇宙物理学科に転科、1923年(大正12)3月卒業。同年4月から同大理学部講師、のち助教授、教授となり、この間多方面にわたって活躍。日本天文学の発展に寄与したが、第二次世界大戦の終戦とともに京大教授の職を辞し、京都府上夜久野(かみやくの)村(現福知山市)に一家をあげて閑居、晴耕雨読の生活を送った。1965年(昭和40)京都産業大学を創設、理事長、学長に就任し、子弟の教育に専心したが、昭和53年7月10日急逝した。博覧強記、多技多芸、論文著書も多く、没後『荒木俊馬論文集』として刊行された。『天体力学』の大著もある。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

荒木俊馬の関連キーワード荒木 俊馬天文学者昭和時代教育者占星術

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒木俊馬の関連情報