大日本言論報国会(読み)だいにほんげんろんほうこくかい

百科事典マイペディアの解説

大日本言論報国会【だいにほんげんろんほうこくかい】

1942年に創立された思想家,評論家の国策協力団体。情報局の指導監督下に結成運営され,会長は徳富蘇峰。会員は日本評論家協会を中心に1943年には900名を越した。天皇制国家主義的傾向が強く思想戦協力組織の一つ。大日本思想報国会の後身。→日本文学報国会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいにほんげんろんほうこくかい【大日本言論報国会】

第2次世界大戦中に組織された思想家・評論家の国策協力団体。情報局の指導監督のもとに結成運営されたもので,最初〈大日本思想報国会〉として発起され,のち〈大日本言論報国会〉となり,1942年12月23日に創立された。会長徳富蘇峰(猪一郎),専務理事鹿子木(かのこぎ)員信,理事津久井竜雄ら27名。会員は〈日本評論家協会〉(1940創立,代表者津久井竜雄)を中核に,一般評論家をも糾合し,43年7月現在で総数917名に達していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大日本言論報国会
だいにほんげんろんほうこくかい

太平洋戦争期に内閣情報局の指導・監督のもとに組織された思想家・評論家の国策協力団体。当初、大日本思想報国会の名称で計画されたが、のち大日本言論報国会に改められ、1942年(昭和17)12月23日に創立された。役員は、会長徳富蘇峰(そほう)(猪一郎(いいちろう))、専務理事鹿子木員信(かのこぎかずのぶ)、理事は津久井竜雄(たつお)、大串兎代夫(おおぐしとよお)、大熊信行(おおくまのぶゆき)、高山岩男、高坂正顕(こうさかまさあき)、市川房枝ら27名。会員には旧日本評論家協会(1940創立、代表津久井)のメンバーを中心に広く思想家・評論家が加わり、43年7月現在で917名。幹部には天皇制国家主義の支持者が多く、「国体ノ本義ニ基キ聖戦貫遂ノタメ……皇国内外ノ思想戦ニ挺身(ていしん)スルコト」(定款3条)を目的に掲げ、たとえば米英撃滅思想戦大講演会を開催したり、『日本思想叢書(そうしょ)』を刊行したりして、日本文学報国会、日本美術報国会、日本音楽文化協会など、同種の国策協力団体と並んで総力戦体制の一翼を担った。敗戦と同時に活動を停止、1945年(昭和20)8月27日に解散した。[内川芳美]
『日本ジャーナリスト連盟編『言論弾圧史』(1949・銀杏書房) ▽黒田秀俊著『血ぬられた言論』(1952・学風書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大日本言論報国会の言及

【太平洋戦争】より

…検閲も強化され,戦争目的に合致しないと当局が判断した出版物は,かたっぱしから削除・改訂・発売禁止の処分を受けた。 その反面,大日本音楽文化協会(1941年12月20日),日本文学報国会(1942年5月26日),大日本言論報国会(1942年12月23日)が相次いで結成されるなど,多数の知識人が国策に協力し,すでに宗教団体法(1939年4月8日公布)によって国家の統制下に置かれていた神道・仏教・キリスト教各派の宗教家も,大日本戦時宗教報国会(1944年9月30日)を結成して戦争に協力した。 教育面では,41年4月1日から明治以来の尋常小学校が国民学校に再編成された。…

※「大日本言論報国会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android