(読み)イソ

  • ×磯
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

[名]
海・湖などの波打ち際。水際。特に、石の多い海岸。
波をかぶったり流れに洗われたりする岩石。
冠(かんむり)の縁(へり)の名。
琵琶和琴(わごん)箏(そう)の胴の側面の名。
鞍橋(くらぼね)前輪(まえわ)後輪(しずわ)の、に添って小高く盛り上がった部分の名。
[形動ナリ]《「富士は磯」の略から》
比較にならないさま。はるかに及ばないさま。
「うたてや久米の仙人も―なり」〈浮・御前義経記・二〉
未熟であるさま。浅薄であるさま。
「親父の悪性に合はせては、我等が遊びは―な事ぢゃが」〈・曲三味線・四〉
人名用漢字] [音]キ(漢) [訓]いそ
〈キ〉石が波に洗われる水際。「石磯」
〈いそ〉「磯辺
[難読]荒磯(ありそ)磯馴松(そなれまつ)
[語素]《「いそ(磯)」の音変化》他の語と複合して、いその意を表す。「荒(あり)」「離れ」「なれ木」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

砂浜海岸に対して,岩石海岸を磯あるいは磯浜という。岩礁性の海辺は,海藻をはじめ魚介類のかっこうの生息地となり,また砂浜に比べて海水の透明度が高いところから,古来より,箱めがねを用いて水中をのぞきながら,もりややす,あるいはかぎで魚を突くミツキ,カナギ,イソネギなどと各地で呼ばれる磯漁の舞台として,日本の沿岸漁業の中で重要な位置を占めてきた。【高桑 守史】
琵琶,(そう),和琴(わごん)の胴の側面。箏や和琴は古くは箱造りもあり磯を別にとりつけたが,普通は彫槽(上板の裏面をかまぼこ形に刳(く)って裏板を張る)で,磯は上板の一部をなす。生田流の箏には磯にも金泥地や木画で装飾をほどこしたものもある。【三谷 陽子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

岩石の多い、海・湖などの波打ち際。
水際の岩石。 -の間ゆ激たぎつ山川絶えずあらば/万葉集 3619
冠の縁へり。 →
琵琶・和琴わごん・箏そうの胴の側面。
くらの部分の名。前輪まえわ・後輪しずわの海に沿う高い所。 → 鞍橋くらぼね
形動ナリ
近世語。富士は磯の略 はるかに及ばないさま。未熟であるさま。下賤げせんなさま。 そち達のやうな-なよね狂ひ達は/浮世草子・禁短気
[句項目] 磯の鮑の片思い
いそが他の語の下に付いてが脱落したもの
いそ。 はなれ-(離磯) あり-(荒磯)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘語素〙 (「いそ(磯)」の変化した語) 磯(いそ)。「ありそ(荒磯)」「はなれそ(離磯)」「そなれぎ(磯馴木)」など。
※万葉(8C後)一五・三六〇〇「離れ蘇(ソ)に立てるむろの木うたがたも久しき時を過ぎにけるかも」
※続古今(1265)恋二・一〇八八「あだ波の高師の浜のそ馴れ松馴れずはかけて我が恋ひめやも〈藤原定家〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【浦・浜】より

…一般に,海に突出した崎・岬に対して陸地が湾曲して湖海を抱えこんでいるところを浦といい,岩塊の露出した磯に対して砂泥や小石からなる海岸平地を浜という。日本の前近代を通じて漁村を表示する地名用語。…

【海岸】より

…うねりは波高にくらべて波長が大きい。うねりや風波は陸地に近づくと,海底での水粒子の摩擦により減速し,波長は短くなり,波高は高くなり,ついにある水深の所で砕けて,磯波として海岸に打ち寄せる。砕波帯より陸側では,水の動きは乱流状態となり,海浜底質は活発に動き,地形変化が激しい。…

【堆】より

…日本の海図ではこうした慣習名を図載している。すなわち出シ,グリ,ソワイ,ゾワイ,ソワ,曾根,バエ(碆),ハエ,シ(沚),岩,石,根,瀬,ビラシ,ツガイ(喰合),アサリ,モ(藻),モタレ,ヤマ(山),イソ(磯),場などの異称がある。【佐藤 任弘】。…

※「磯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磯の関連情報