コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 はま beach

翻訳|beach

11件 の用語解説(浜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


はま
beach

高潮線と低潮線の間にある海岸の部分をいう。通常,堆積物から成る海岸をさし,礫浜,砂浜,泥浜に分類する。礫浜は幅が狭く急傾斜をなす。泥浜は湾奥部や河口に発達し,幅が広く傾斜はゆるやかである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はま【浜】

海や湖の水際に沿う平地。浜辺。
(大阪地方で)河岸(かし)。
横浜」の略。「っ子」
《「揚げ浜」の略》「上げ石」に同じ。
[補説]書名別項。→

ひん【浜〔濱〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ヒン(呉)(漢) [訓]はま
〈ヒン〉
水が陸に接する所。波打ち際。はま。「浜堤海浜水浜
横浜。「京浜
〈はま〉「浜辺浜千鳥塩浜州浜砂浜

はま【浜】[書名]

俳句雑誌。昭和21年(1946)、大野林火が創刊・主宰。同人として野沢節子村越化石らが参加した。大野の没後は松崎鉄之介が主宰を継承。平成25年(2013)8月号をもって終刊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

はま

?-? 江戸時代前期のキリシタン。
出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩主佐竹義宣(よしのぶ)の側室。元和(げんな)(1615-24)のころ,イエズス会宣教師カルバリヨから洗礼をうけようとしたが,義宣にゆるされなかった。城中から追放されたあと受洗して信者と結婚した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はま【浜】

浜という言葉は,日本では,海や湖に沿った比較的平たんな砂礫地を指して使われ,岩礁性の磯浜と砂泥性の砂浜とがある。漁村では,浜は,地引網(じびきあみ)などの網引場として,あるいは船揚場や網干場として共同で管理されている場合が多い。漁村の家はいったいに作業場がほとんどなく,網の修理や漁具の手入れ,あるいは魚の分配や加工などは,共同の作業場である浜が利用された。砂浜を指すことばとしては,ウタ,ナゴ,ヨリアゲユリアゲ,それに関東から東北にかけてスカなどが,古来より使われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はま【浜】

海・湖などの水ぎわに沿った平地。浜辺。
囲碁で、「揚げ浜」の略。 → あげいし
「横浜」の略。 「 -っ子」
近世、大坂で、河岸かしをいう。 「 -まで歩み西ひがし/浄瑠璃・重井筒

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


はま

満潮汀線(ていせん)よりすこし上に位置する波の到達限界から、海側の干潮汀線までにみられる比較的平坦(へいたん)な帯状地をいう。満潮汀線より海側は前浜(まえはま)、陸側は後浜(あとはま)とよばれることもある。浜は泥や砂や礫(れき)、巨(漂)礫、岩などからなり、それぞれ、泥質浜、砂浜、礫浜、漂礫浜、磯(いそ)(岩)浜とよばれる。また、砂泥などの堆積(たいせき)物からなる浜を一般に砂浜とよび、巨礫や岩石質の浜を磯とよぶこともある。浜は平面形や規模によって、三日月浜、ポケット浜などの呼称がある。[豊島吉則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【海岸】より

…平均的な高潮位と低潮位に対応する汀線を,それぞれ高潮(汀)線,低潮(汀)線といい,両者によって挟まれる地帯を潮間帯という。高潮線より内陸側も波浪,とくに暴風時の波浪によって影響を受けるので,低潮線と波浪の作用の及ぶ陸の限界の間を海浜sea shoreまたは単に浜shoreとよぶ。海浜は前浜(低潮線と高潮線の間)と後浜(高潮線より陸側)に区分され,後浜の陸側の限界を広義の海岸線shore lineまたは沿岸線coastlineとよぶ。…

【漁村】より

…主として水産業およびその関連産業に従事している人々によって構成されている村落。浦とか浜とも呼ばれる。従事する漁業が海面漁業であるか,内水面漁業であるかによって,海岸漁村,河川漁村,湖沼漁村などの種別がある。…

※「浜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浜の関連キーワード海道電通四季劇場[海]海老江海岸町海(硯)《海》静(浄)海与謝(佐)海

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜の関連情報