コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒雄岳 あらおだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒雄岳
あらおだけ

宮城県北西部,奥羽山脈にある成層火山。標高 984m。大崎市の北西にあり,江合川上流の荒雄川荒雄岳の南西鬼首盆地を形成,一帯には鬼首温泉郷が広がる。南斜面の赤沢上流約 500mに国の特別天然記念物の雌釜,雄釜の間欠泉がある。南東部の荒湯地獄,片山地獄には硫気孔があり,南西麓に宮沢温泉,吹上温泉の小規模な間欠泉や轟温泉 (とどろきおんせん) ,神滝温泉がある。栗駒国定公園に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あらお‐だけ〔あらを‐〕【荒雄岳】

宮城県北西部にある山。標高984メートル。南麓付近に、特別天然記念物の雌釜(めがま)・雄釜(おがま)の間欠泉や温泉群などがある。栗駒国定公園の一部。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕荒雄岳(あらおだけ)


宮城県北西部、大崎(おおさき)市鳴子(なるこ)温泉地区の北部にある成層火山。標高984m。鬼首(おにこうべ)カルデラの中央火口丘にあたり、西麓(せいろく)を江合(えあい)川(荒雄川)が弧状に流れる。南麓の鬼首温泉郷には特別天然記念物の雌釜(めがま)・雄釜(おがま)の間欠泉(かんけつせん)、吹上(ふきあげ)間欠泉、東麓に荒湯地獄(あらゆじごく)があり、南隣の鳴子温泉郷とともに県内有数の観光地で、栗駒(くりこま)国定公園に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒雄岳
あらおだけ

宮城県北西部、大崎(おおさき)市鳴子温泉鬼首(なるこおんせんおにこうべ)にある火山。標高984メートル。北麓(ほくろく)、西麓を江合(えあい)川の上流荒雄川が環流し、その支流はこの火山麓を放射状に流れる。南麓の大深沢一帯には至る所に泥火山、水蒸気孔、硫気孔がある。その最大のものが片山地獄で、鬼首地熱発電所がある。[青柳光太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

荒雄岳の関連キーワード鳴子温泉郷中央火口丘カルデラ鬼首温泉泥火山東麓弧状鳴子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android